Author Archives: admin

Submerse
Are You Anywhere

PMC162/PT012 Available 6 October 2017

PT012-500-Small
CD購入


01 Sleepover
02 Needs More Z’s
03 Firstbase
04 Can We Go Back feat. fitz ambro$e
05 Driving with Cosmopolyphonic
06 Cool Off
07 Wavedash
08 Splash
09 Too Many Sidequests
10 Good w U feat. fitz ambro$e
11 Zeros
12 Are You Anywhere

深夜、ソファに深く腰掛け、彼のサウンドに体を預けてみる。
ここではない、そして誰も知らない場所へと誘われるようだ。

東京在住のイギリス人submerseがProject Mooncircleからfitz ambroseをフィーチャーした本作は、セカンド・フルアルバムとなる。90年代初期のスロウジャムとインストゥルメンタル・ヒップホップを、DX7シンセサイザーを使ったハイブリッドでユニークな音とブレンドしている。

web-submerse-shot-by-Repeat-Pattern-2

イギリス出身・東京在住のsubmerseはゲーム音楽やホラー映画、90年代の アーバンミュージックなど超個人的な影響を独自のセンスで消化し、ビート
ミュージック、ヒップホップ、アンビエントを縦横無尽に横断するユニークなスタイルを持つビートメーカーとして知られている。

これまでにベルリン の老舗レーベルProject: Mooncircleなどから作品をリリースし、
SonarSound、Boiler Room、Low End Theoryなどに出演。2017年には待望 の2ndアルバム’Are You Anywhere’がProject: Mooncircleよりリリースされる。

また、Pitchfork、The Fader、FACT Magazine、XLR8R, BBCといった影響 力のあるメディアから高い評価を受ける。

Vinyl & digital released by Project Mooncircle.
Submerse | Soundcloud
Submerse | Twitter

Web-Tour-Throwing-Snow-

新時代のクラブミュージック・電子音楽のプロデューサーTHROWING SNOW (HOUNDSTOOTH)の来日ツアーが決定。

彼はBonobo, Atoms for Peaceなどのツアーのサポートアクトや世界中で注目されているイギリスのクラブFabricが営業しているレーベルであるHoundstoothのアーティストの一人です。今回は最新のフルアルバム「Embers」のリリース記念で4月21日(金)~4日22日(土)にCircus OsakaとCircus Tokyoで行われる。大阪のレーベル・イベントPerfect Touchの共同主催で、国内のアーティストSekitova, Submerse, Erik Luebsなども共演。

Throwing Snow
Sekitova
Erik Luebs
mightwhales
Kozee (VJ)
前売り・PEATIX
前売り・RA


Throwing Snow
Submerse
Erik Luebs
Fujimoto Tetsuro
RGL
Tidal
DEJAMAIS (VJ)
and more
前売り・PEATIX
前売り・RA


Throwing Snow

ロンドンを拠点にスローイング・スノーの名前で活動するロス・トーンズ。彼はダブステップ、UKガラージ、ハウスからフォーク、パンク、ハードコア、メタル、そしてレゲエなど様々な音楽を聞いて影響を受けてきた。彼の音楽には心地の良い温かさと、光沢感のある冷たさが共存している。2010年にHo Tepレーベルからデヴュー・シングルをリリースし、その後はゴールド・パンダなどのリミックスを手がけてきた。ジャイルス・ピーターソンやベンジBの強力なサポートもあり、多くのラジオ番組にも出演してきた。 2011年にはDominoやNinja Tuneのような大手レーベルからリミックスの依頼が来るようになった。リリースもSuperやSneaker Social Club、Local Actionなどから続けてきた。2012年には大手音楽サイトのXLR8Rにポッドキャスト用のDJミックスを提供。2013年にはニューヨークで開催されたRed Bull Music Academyへの参加も好評だった。

throwing snow scan 010a

インターネット上でDJのプレイを生中継する人気サイトBoiler Roomにも何度も出演を果たし、ボノボ、アトモス・フォー・ピース、ジョン・ホプキンスなどの前座を務めてきた。またレーベル・オーナーとしても他のアーティストのリリースに協力している。Left Blank(レフト・ブランク)とA Future Without(ア・フューチャー・ウィズアウト)の共同オーナーでもあり、Vessel, Wife, Visionist, Lorca, Memotone, Young Echoなどが駆け出しの頃のリリースを手掛けていた。ヴォーカリストAugustus Ghostとの別プロジェクト、Snow Ghostsもここか
らリリースもしている。現在注目されているイギリスのクラブFabricが営業しているレーベルであるHoundstoothのアーティストの一人です。今回は最新のフルアルバム「Embers」のリリース記念で4月21日(金)~4日22日(土)にCircus OsakaとCircus Tokyoで行われる。大阪のレーベル・イベントPerfect Touchの共同主催で、国内のアーティストSekitova, Submerse, Erik Luebsなども共演。


Throwing Snowのニューアルバム「EMBERS」もFabricが営業しているレーベルであるHoundstoothからリリース!
750
Disc Union・購入


Throwing Snow on Soundcloud
Throwing Snow on Facebook
Houndstooth Label

Kafuka
Laws of Nature

PMC160/PT011 Available 26 May 2017

PT011-500-Small
CD購入

01 Mustang
02 Fine Rain
03 Psychedelia
04 Saunter
05 Variance
06 Resolve
07 Forget Me Not

大阪在住の電子音楽プロデューサー「Kafuka」の最新EP「Laws of Nature」が5月26日にリリース。

メランコリックな雰囲気でエレクトロニック、アコースティックな音を組み合わせ、様々なビートーミュジックを昇華した時代を問わない作品が完成した。

今回のリリースはベルリンのレーベル「Project: Mooncircle」と大阪のレーベル「Perfect Touch」との連携で国内外にレコード・CD・デジタルで発売。

Kafuka Press Photo-lo-res

大阪を拠点に活動する江島和臣によるソロプロジェクト、kafuka。

ギターサウンドや自然や風景を喚起させるサンプリングの中に自作音響プログラミングを取り入れ、様々な音をコラージュしオリジナリティあるサウンドを表現。

これまでに数々の映画やメディア作品でのサウンドデザイン、サウンドインスタレーション作品の制作等を続け、様々な角度から”音”を深く探究している。その中で生み出された感性は、彼の作品にも強く反映されている。

Vinyl & digital released by Project Mooncircle.
Kafuka | Website
Kafuka | Twitter

Erik Luebs
Wasteland

PT010 Available 31 March 2017

PT010-500-Small
Bandcamp iTunes Boomkat

1. Red C
2. Crashed
3. Dust

Stream: Red C

Osaka-based artist Erik Luebs spent the last 18 months distilling his technical process and conceptual approach to creating music. The result is Wasteland, a 25-minute collection of three tracks that explore the margins of techno, IDM, electronica and ambient. Though uncompromising in mood and style, the immersive rhythms and attention to detail gives each track an unexpected degree of accessibility.

Erik Luebs B&W 1 FINAL

3月31日に大阪を拠点に活動するアーティストERIK・LUEBSは、自信のレーベルであるPERFECT TOUCHより新しいEP「WASTELAND」をリリース。2015年にPROJECT MOONCIRCLE(ベルリン)やASTRO NAUTICO(ニューヨーク)からリリースの後、18ヶ月をかけ、音楽制作における技術的なプロセスや概念的アプローチを追求。 テクノ、IDM、エレクトロニカ、アンビエントからの影響を受けながら新しい音を探索した。その結果、3トラック25分で構成されるWastelandの完成に至った。音の意図に対して妥協することはなく、陶酔するリズムと細部まで拘ったミキシングで各トラックに意外な程に適応性をもたらしている。

マスタリングはJeremy Cox (Bjork, Visionistなど)、アートワークは日本在住の写真家・デザイナー「Repeat Pattern」より、リミックスはイギリスのポスト・ロック+テクノのバンド、Vesselsより提供!

3rd-anniversary-fb1

6月25日に電子音楽のイベント・レーベル、Perfect Touchが3周年アニバーサリーパーティを大阪Circusで開催。今回のスペシャルゲストはProject MooncircleFlauからリリースが多数あるアーティスト、submerseが決定。

https://www.youtube.com/watch?v=gem9FMPpBhA

この3年間でPerfect Touchはいくつかのアーティストの来日ツアーを主催、アメリカでSeiho, Magical Mistakes, And Vice Versaの3人のツアーを組み、そしてObey City (Lucky Me)やFree the Robots (Alpha Pup), Julien Mierなどの音楽をリリース。

イベントの出演者はsubmerseの他に、Perfect Touchの主催者であるErik Luebs (Project Mooncircle)、Kafuka, Fumi, And Vice Versa, Pichong, mightwhales, Takeguchi Ikeyoshi (VJ)とシークレットDJ(近日公開)も決定です。

https://www.youtube.com/watch?v=THjnBTrajZI&feature=youtu.be

 

詳細:Facebook
前売り・RA
前売り・Peatix

Photay
Two EPs

PT009 Available 6 April 2016

注文 CD ¥1620 (税込)

PT009-500-Small

#1: Photay EP

1. Detox
2. Reconstruct
3. No Sass
4. Static at the Summit
5. These Fruits These Vegetables
6. Illusion of Seclusion
7. Dusk
8. Chrome
9. Astral Projection
#2: Sadie EP
10. Zeitgebers
11. Monday (feat. Photay)
12. TROPHY
13. Wipe the Sleep from your Eyes (Pt. 1 & 2)

9歳のときに初めてAphex Twinを聴いたことがきっかけで、音楽を始めた。彼はまずドラムを叩いていたが、その後ターンテーブルを扱うようになった。そして様々なジャンルから影響を受けると、音源を機材で実験するようなアップローチをして、次第にパソコンで作曲をするようになった。

Photayとしての活動は、西アフリカのギニアへ行き民族音楽である「ポリリズム」というリズムを学んだことが始まり。
彼はギニアでフィールドレコーディングを行い、そのサンプリングを使って出来上がった曲は2014年にニューヨークのレーベルAstro Nauticoよりリリースされた。

今回はそのAstro Nautico の協力のもと、Photay のデビューEP
と最新のEP「SADIE」の二枚組で日本限定版をリリース。60分
以上のロングプレーで彼の挑戦的な音楽を楽しめる。

Gilles Peterson、Lucky Me、 Ninja Tuneなどへのミックス提供、Boiler RoomやBonoboのサポートアクト、Decibel Festivalでの出演等を経て彼の音楽は度々「天才」と評されるようになった。

2016年は新しいEPのリリース、そして日本への初来日も決まっている。


photay-web-banner-big

4月16日/Osaka/Circus
Saturday / 10PM / Photay | Erik Luebs | mightwhales | Murakawa | など詳細近日公開


4月17日/Tokyo/Circus
Sunday / 5PM~10PM / Photay | Erik Luebs | など 詳細近日公開


Photay


Erik Luebs別名Magical Mistakes


Free bonus


https://www.youtube.com/watch?v=t5apAhYYjEA

Julien Mier
Changing Currents

PT008 Available 16 September 2015

PT008-500-Small

CD¥1500/$15 Digital¥/$
Order&Download Digital

1. It’s Slightly Open
2. Yesterday’s Downpour
3. I Refuse To Remain Silent
4. Caught In The Chest
5. Burnt Up
6. Burnt Up (Yosi Horikawa remix)
7. Caught In The Chest (Magical Mistakes remix)

Living in the Dutch countryside, Julien Mier spent the last several years crafting heavily melodic and carefully textured pieces that engage the listener both cognitively and emotionally. His newest EP, Changing Currents, is a culmination of his exploration of natural sounds, and ultimately serves as a final farewell to the cabin he was living in directly up to the point of this works’ completion.

Each piece on the release serves the whole, with opening track “It’s Slightly Open” providing the introductory sounds and pacing before moving to the melodic second track “Yesterday’s Downpour.” Meditative guitar piece “Caught in the Chest” is the anchor holding everything together thematically. Slow, brooding and beautiful, the piece finds its success in its minimalistic, stripped-down approach.

In the increasingly maximalist world of electronic music, Changing Currents confidently espouses the value of minimalism, reducing each instrument to its most rewarding timbres, and comfortably discarding the expected tropes of the genre. Every melody hints at a range of emotions all the while avoiding the awkwardness of the melodramatic.

It’s a testament to Mier’s refinement and poise as an electronic musician. He is using the medium for something very personal, both in the places he explores and the musical techniques he uses to explore them.

彼はオランダの森の深淵でこの作品を完成させた。そして、恋人に別れを告げた…この作品は制作過程で、彼の心に大きな変化もたらすほどの存在となっていた。”海流の変化”というタイトルからも、深い海のように美しいサウンドが想像できる。この作品は制作過程で、彼の心に大きな変化もたらすほどの存在となっていた。”海流の変化”というタイトルからも、深い海のように美しいサウンドが想像できる。

オランダ出身のエレクトロニック・アーティスト、Julien MierPerfect Touch レーベルより『Changing Currents』をリリース。ドリーミーでセンシティヴなサウンドが特徴。関東で活動するトラックメイカー、Yosi Horikawa と関西を拠点に世界を股にかけ活動しているMagical Mistakes がリミックスを提供。電子音楽好きはもちろん、ロック~クラシックに至るまで、ジャンルを飛び越え、幅広いリスナーに好まれるであろう。
PlaidBoards of CanadaJon HopkinsCornelius 好きは必聴!

Julien Mier art
Julien Mier

Yosi Horikawa art
Yosi Horikawa

Magical Mistakes art
Magical Mistakes

Audio mastered by Shawn Hatfield at Audible Oddities.

ccjmwebbannerjm-photo-rectangle

9月21日~23日/Shizuoka (Julien Mierのみ)/Life Force Sky Walk Festival
Inatori Hosono Skyland / Julien Mier | Submerse | Metomeなど 詳細


9月25日/Osaka/Circus
Friday / 10PM / Julien Mier | Magical Mistakes | Metome | YPY | 行松陽介 など詳細近日公開


9月26日/Fukuoka/詳細近日公開
Saturday / 11PM詳細


9月27日/Tokyo/Solfa
Sunday / 5PM / Presented by PROTOCOL / Julien Mier | Submerse | Magical Mistakesなど詳細


Julien Mier

オランダ出身の新時代エレクトロニック・ミュージック・アーティスト。ユトリヒトにて School of Arts & Technology を卒業し、ヨーロッパを中心に音楽家/サウンドデザイナーとして活躍している。コンポーザーとして、自然の音やナチュラル・サウンドを録音し、革新的な技術で美しいメロディと繊細なリズムを構築する。フランスの Cascade RecordsCanadaKing Deluxe からリリースされ、イギリスの Young Turks にもピックアップされた。

9月16日にJulien MierPerfect Touch レーベルより『Changing Currents』をリリース。

ドリーミーでセンシティヴなサウンドが特徴。関東で活動するトラックメイカー、Yosi Horikawa と関西を拠点に世界を股にかけ活動している Magical Mistakes がリミックスを提供。 PlaidBoards of CanadaJon HopkinsCornelius好きは必聴!アップされた注目の逸材。


 

Magical Mistakes別名Erik Luebs

Magical Mistakesはカリフォルニア出身のErik Luebsのソロプロジェクトで、現在は大阪に移住し活動している。音源は生の音に根ざしているのが特徴で、独特なリズムとともに叙情的に醸し出される。
彼のPerfect Touchというレーベルは、日本のみならず海外からもアーティストを招集しイベントを開催している。
2012年にDay Tripper Recordsよりフルアルバム「Everything Uncertain」を、2014年にKILL QUANTIよりカセットEP「Single Cells」をリリースし、最新ではカナダのレーベルKing DeluxeからEPのリリース。Shigeto, Matthewdavidなどと共演し、2013年のSonar Soundにも出演した。2015年8月にニューヨークのレーベル、Astro Nauticoが決定。それで、9月22日にベルリンのProject Mooncircleから本名Erik Luebsからまたリリースする。

Related

Peace of Mind
A compilation of calming

PT007 Digital: 17 July 2015 / Physical: 24 July 2015

PT007-500-Small

Totebag+Digital$20 Digital Only$8.99
Order&Download Digital Only

1. Julien Mier : Gone
2. Kafuka : Room
3. Free Babyronia : Translation of Starlight
4. Ramza : In to the Paradise Park
5. Ryuei Kotoge : Atm12
6. DJAO : At Home
7. Jemapur : WSIF
8. Lee : 25
9. Ryuho Kotoge : Evacuation of π

Osaka’s Perfect Touch label welcomes the lengthening summer with a moment of transcendental calm, working with artists from Japan and beyond to coordinate a 9 track compilation of ambient and beautiful electronic music.

Dutchman Julien Mier starts us off with some pitched down chords and vocal arrangements, followed by Kyoto newcomer (and Max/MSP genius) Kafuka who goes deep with a delicately arranged assembly of organic jitters and crafted melodies. Not to be missed are appearances by the likes of Seattle’s DJAO, Tokyo’s Jemapur, and Japan-via-Thailand traveling beat guru Lee.

Let this compilation be a companion to your early morning weekend wake-up rituals, or your 4AM post party bike ride home — just a little extra peace of mind for your long and unpredictable days.

Artist Links

big-Web-Banner

Friday July 3 2014/Osaka/Club Stomp

Perfect Touch Midsummer Celebration

10PM to Morning

前売り:2000円ADV+1Drink/当日:2500円+1Drink

Event Page/前売


Free the Robots

Chris Alfaroのソロビートプロジェクト。Low End TheoryObey Clothingなど、LAビートシーンを長きに渡って支え続けた中心人物であり、トラックメーカーとしても、Afrika BambaataaFlying LotusDJ ShadowPrefuse 73などとも共演。

音楽性はジャズやサイケデリック、エレクトロニックなどの様々なジャンルとヒップホップを横断的に融合させており、LAで培ってきた、ライブセットにも定評がある。

Facebook

Metome

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクトMetome
IdleMoments,INNIT,LifeForce,BRDG,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。

Twitter

Magical Mistakes

Magical Mistakesはカリフォルニア出身のERIK LUEBSのソロプロジェクトで、現在は大阪に移住し活動している。音源は生の音に根ざしているのが特徴で、独特なリズムとともに叙情的に醸し出される。

彼のPerfect Touchというレーベルは、日本のみならず海外からもアーティストを招集しイベントを開催している。

2012年にDay Tripper Recordsよりフルアルバム「Everything Uncertain」を、2014年にKILL QUANTIよりカセットEP「Single Cells」をリリースし、最新ではカナダのレーベルKing DeluxeからEPのリリースが。Shigeto, Matthewdavidなどと共演し、2013年のSonar Sound Tokyoにも出演した。

Link

Freemanz Production

NICKELMANFROGMANによる SOUND UNIT

NICKELMAN”9DEPTH”12INCHに収録されたDOPEBREAKBEETS”BAMBOOBED”が
全ての始まりでありお互いがこれから先制作するであろう音像を確かなものにする。
その後クラシックとなった12INCH”THING”に加えTeeLexをfeat.した
7INCH”マンダプ”をリリースするなど精力的にリリースを重ねる。
そして2014年JAZZ界の奇才SUNRAにスポットを当て制作された”JOURNEY”をリリース。

Link

big-Web-Banner

Saturday April 4 2014/Osaka/Club Stomp

Perfect Touch 2 Year Anniversary Party

10PM to Morning

前売り:2000円ADV+1Drink/当日:2500円+1Drink

Event Page/前売


starRo

本名:溝口 真矢

横浜出身、Los Angeles拠点のプロデューサー。2013年にJanet Jacksonのリミックスがネット上で話題になったのをきっかけに、現在世界で最も注目されるレーベルSoulectionと契約。同年2013年12月にリリースしたWhite Label EP (SoundCloud限定デジタルリリース)は1ヶ月で24万回再生を記録し、SoulectionWhite Labelシリーズの代表的作品となり、それ以降オルタナR&B, Future Soulシーン内外から注目を浴び続ける。

40万回以上の再生を記録しているDisclosure Remixなどのリミックスワークだけにとどまらず、インストトラック、シンガー・ラッパーをフィーチャーしたオリジナルソングの作曲、往年の名曲のカバーなど、制作スタイルも多岐にわたり、今後はメジャーアーティストへの楽曲提供・共作なども期待される。

70~80年代のエレクトリックジャズを彷彿させるJazzyなコードワーク、Hip Hop/R&B/Trap/House/Ambient/Post Rockなど様々なジャンルを全て消化したジャンルレスなスタイル、多少エクスペリメンタルな要素を入れつつマスリスナーにもアピールできるどこか聴きやすいサウンドが特徴。

ロックバンドを髣髴させるエネルギッシュなアクションと楽器演奏を織り交ぜた独特のライブスタイルも注目を集めており、Soulection FounderJoe Kayから”間違いなくこれまでのベストアクト”と評される。Chet Fakerの北米ツアーサポート, Joey BadA$$, Kaytranada, Flume, Giraffage, Gold Linkなど数々の共演、SXSW, Low End Theoryの出演、アジアツアーなど、パフォーマーとしての地位も磐石なものにしている。

Twitter

Metome

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクトMetome
IdleMoments,INNIT,LifeForce,BRDG,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。

Twitter

Magical Mistakes

Magical Mistakesはカリフォルニア出身のERIK LUEBSのソロプロジェクトで、現在は大阪に移住し活動している。音源は生の音に根ざしているのが特徴で、独特なリズムとともに叙情的に醸し出される。

彼のPerfect Touchというレーベルは、日本のみならず海外からもアーティストを招集しイベントを開催している。

2012年にDay Tripper Recordsよりフルアルバム「Everything Uncertain」を、2014年にKILL QUANTIよりカセットEP「Single Cells」をリリースし、最新ではカナダのレーベルKing DeluxeからEPのリリースが。Shigeto, Matthewdavidなどと共演し、2013年のSonar Sound Tokyoにも出演した。

Link

????

Ooshima Shigeru

Ooshima Shigeru:十代半ばからいくつかのハードコア~オルタナティブバンドに参加し国内、海外問わず多くのツアー、リリースを行ってきた。直近のリリースはDUB MAGUS FROM BEIRUT名義にてPublic riddimからのRIE LAMBDOLLとのスプリット10インチ、自身のレーベルGrouper soundsからのorhythmoとの共作killer atmosphere(CD)。DJとしては2003年からKIHIRA NAOKIらがオーガナイズするS.Iに参加。

Twitter

big-Web-Banner

Sunday November 9 2014/Osaka/Club Stomp

Nabe + Music + Friends

6PM to 12AM

前売り:2500円ADV+1Drink/当日:3000円+1Drink

Event Page/前売

About Nabe


今回、A Nabe AdventureとはEnglish

In celebration of our latest release Roam by UMA, Perfect Touch will host the Berlin duo for a live performance alongside some of our favorite producers and DJs.

We are excited to bring you… A Nabe Adventure: a perfect blend of pop and experimental sounds combined with delectable hot nabe, alluring visuals, and the company of good friends.


Perfect Touchより、ベルリン出身のデュオUMAの新しいシングル「Roam」の発売が決定!

それを祝して、UMAと我々の親しい仲間であるトラッカメーカーやDJと共に公演します。最適なバランスのとれたポップとエクスペリメンタル音楽にまったりくつろげる空間、神秘的なVJ、楽しい仲間と絶品のお鍋。。。

クラブがホームパーティーに変身する一晩を我々と一緒に過ごしませんか?

緩やかなエレクトロニックポップデュオ、UMAがPerfect Touchよりデジタルリリースが決定した事を記念し、来阪!

2011年にRed Bull Music Academy Madridの音楽会に参加した事をきっかけにUMAが結成。

この2年間で、Silver Applesとのコラボレーション、Bibioによるリミックス提供、ベルリンの代表的なクラブ、Berghainでの出演、Bad Pandaレコードよりシングルもリリースした。

UMAのシングル、ROAMは11月4日に発売され、リミックスは関西のアーティスト、MadeggMagical Mistakesも含まれている。

UMA is a producer-couple from Berlin that cuts crystal clear post-trip-hop tracks from a wide array of avant-garde influences. With one hand on the midi-controller and the other one on the forehead, they combine post-internet romanticism with fractal beat cascades – but they never lose touch with all the fragile borders that define the perfect pop song.

Perfect Touch is proud to release UMA‘s single ROAM accompanied by remixes from Japan-based producers Magical Mistakes and Madegg.Magical Mistakesadds analog synth lines alongside orchestral swells and shuffled drums, while Madegg takes the track for an experimental ambient psych-trip.

Link

Magical Mistakes

Magical Mistakesはカリフォルニア出身のERIK LUEBSのソロプロジェクトで、現在は大阪に移住し活動している。音源は生の音に根ざしているのが特徴で、独特なリズムとともに叙情的に醸し出される。

彼のPerfect Touchというレーベルは、日本のみならず海外からもアーティストを招集しイベントを開催している。

2012年にDay Tripper Recordsよりフルアルバム「Everything Uncertain」を、2014年にKILL QUANTIよりカセットEP「Single Cells」をリリースし、最新ではカナダのレーベルKing DeluxeからEPのリリースが。Shigeto, Matthewdavidなどと共演し、2013年のSonar Soundにも出演した。

Link

Ryuei Kotoge

2008年末にDubstepに触発される形で制作活動を開始。

これまでに自身のBandcampやネットレーベルで作品を発表。 米AstroNauticoやMADHOPなど国内外のレーベルコンピレーションにも楽曲を提供し、TAKE a.k.a Sweatson KlankやFree The Robots、Metome、NAGAN SERVERなど国内外のMCやプロデューサーのRemixを手掛ける。2014年6月には自身の1stAlbum”undo,redo.”をDaytripper Recordsよりリリースした他、韓国のプロデューサーSima Kimとのコラボレーショントラックは大手メディアPitch forkに取り上げられ高い評価を得た。現在はSima Kimとのコラボレーションプロジェクトを進めている。

Link

Seiji Nakashima

Vinyl専門のレコードショップAlffo Recordsのメインバイヤー兼オーナー。
ルーツであるインディロックをベースに、ジャンルを越えて縦横無尽にグルーヴを構築する独自のミックススタイルがあらゆるジャンルのDJ、トラックメイカーから高い評価を得ている。

Link

mightwhales

フューチャーダンスミュージックを中心にしたパーティー 「Satellite」の主宰としてFuture Bass、 Hip-hop, Jukeなど新世代の音楽を軸にし、 新たな音を常に追求し続けている。去年Shigeto、 Sweatson Klank、 Yosi Horikawaなどと共演し、 幅広く活躍している。

Link

Ikeguchi Takayoshi

04年よりDJとしてのキャリアをスタート。2004年よりVJとしての活動をはじめる。VJとしてあらゆるジャンルのイベントに出演する傍ら、ファッションショーや舞台、展示、ショップの店頭映像なども手がける。

(過去の共演アーティスト)
rei harakami, momus, Mark Fell , dave angel, suburban knight, sin bad, ken ishii, de de mouse, daishi dance, dj kyoko, 沖野 好洋, mcat, 掟 ポルシェ, 田中 知之(fpm), 夏目 ナナ

Link

About Nabe

お腹を満足させるため、食材を充分購入できるよう、ご来場の皆様のご協力お願い致します!前日までにFacebookのイベントページで

Attend」をクリックするか、またはメールで「私は鍋を食べたいですよ」と教えてくれたらありがたいです。 Facebookのイベントページはこちら

メールの受付はKippまで: kipp@perfect-touch.us

宜しくお願い致します。


Special thanks to the Goethe Institut and the Federal Foreign Office of Germany for their generous support.goethelogo