Category Archives: Releases

Submerse
Are You Anywhere

PMC162/PT012 Available 6 October 2017

PT012-500-Small
CD購入


01 Sleepover
02 Needs More Z’s
03 Firstbase
04 Can We Go Back feat. fitz ambro$e
05 Driving with Cosmopolyphonic
06 Cool Off
07 Wavedash
08 Splash
09 Too Many Sidequests
10 Good w U feat. fitz ambro$e
11 Zeros
12 Are You Anywhere

深夜、ソファに深く腰掛け、彼のサウンドに体を預けてみる。
ここではない、そして誰も知らない場所へと誘われるようだ。

東京在住のイギリス人submerseがProject Mooncircleからfitz ambroseをフィーチャーした本作は、セカンド・フルアルバムとなる。90年代初期のスロウジャムとインストゥルメンタル・ヒップホップを、DX7シンセサイザーを使ったハイブリッドでユニークな音とブレンドしている。

web-submerse-shot-by-Repeat-Pattern-2

イギリス出身・東京在住のsubmerseはゲーム音楽やホラー映画、90年代の アーバンミュージックなど超個人的な影響を独自のセンスで消化し、ビート
ミュージック、ヒップホップ、アンビエントを縦横無尽に横断するユニークなスタイルを持つビートメーカーとして知られている。

これまでにベルリン の老舗レーベルProject: Mooncircleなどから作品をリリースし、
SonarSound、Boiler Room、Low End Theoryなどに出演。2017年には待望 の2ndアルバム’Are You Anywhere’がProject: Mooncircleよりリリースされる。

また、Pitchfork、The Fader、FACT Magazine、XLR8R, BBCといった影響 力のあるメディアから高い評価を受ける。

Vinyl & digital released by Project Mooncircle.
Submerse | Soundcloud
Submerse | Twitter

Kafuka
Laws of Nature

PMC160/PT011 Available 26 May 2017

PT011-500-Small
CD購入

01 Mustang
02 Fine Rain
03 Psychedelia
04 Saunter
05 Variance
06 Resolve
07 Forget Me Not

大阪在住の電子音楽プロデューサー「Kafuka」の最新EP「Laws of Nature」が5月26日にリリース。

メランコリックな雰囲気でエレクトロニック、アコースティックな音を組み合わせ、様々なビートーミュジックを昇華した時代を問わない作品が完成した。

今回のリリースはベルリンのレーベル「Project: Mooncircle」と大阪のレーベル「Perfect Touch」との連携で国内外にレコード・CD・デジタルで発売。

Kafuka Press Photo-lo-res

大阪を拠点に活動する江島和臣によるソロプロジェクト、kafuka。

ギターサウンドや自然や風景を喚起させるサンプリングの中に自作音響プログラミングを取り入れ、様々な音をコラージュしオリジナリティあるサウンドを表現。

これまでに数々の映画やメディア作品でのサウンドデザイン、サウンドインスタレーション作品の制作等を続け、様々な角度から”音”を深く探究している。その中で生み出された感性は、彼の作品にも強く反映されている。

Vinyl & digital released by Project Mooncircle.
Kafuka | Website
Kafuka | Twitter

Photay
Two EPs

PT009 Available 6 April 2016

注文 CD ¥1620 (税込)

PT009-500-Small

#1: Photay EP

1. Detox
2. Reconstruct
3. No Sass
4. Static at the Summit
5. These Fruits These Vegetables
6. Illusion of Seclusion
7. Dusk
8. Chrome
9. Astral Projection
#2: Sadie EP
10. Zeitgebers
11. Monday (feat. Photay)
12. TROPHY
13. Wipe the Sleep from your Eyes (Pt. 1 & 2)

9歳のときに初めてAphex Twinを聴いたことがきっかけで、音楽を始めた。彼はまずドラムを叩いていたが、その後ターンテーブルを扱うようになった。そして様々なジャンルから影響を受けると、音源を機材で実験するようなアップローチをして、次第にパソコンで作曲をするようになった。

Photayとしての活動は、西アフリカのギニアへ行き民族音楽である「ポリリズム」というリズムを学んだことが始まり。
彼はギニアでフィールドレコーディングを行い、そのサンプリングを使って出来上がった曲は2014年にニューヨークのレーベルAstro Nauticoよりリリースされた。

今回はそのAstro Nautico の協力のもと、Photay のデビューEP
と最新のEP「SADIE」の二枚組で日本限定版をリリース。60分
以上のロングプレーで彼の挑戦的な音楽を楽しめる。

Gilles Peterson、Lucky Me、 Ninja Tuneなどへのミックス提供、Boiler RoomやBonoboのサポートアクト、Decibel Festivalでの出演等を経て彼の音楽は度々「天才」と評されるようになった。

2016年は新しいEPのリリース、そして日本への初来日も決まっている。


photay-web-banner-big

4月16日/Osaka/Circus
Saturday / 10PM / Photay | Erik Luebs | mightwhales | Murakawa | など詳細近日公開


4月17日/Tokyo/Circus
Sunday / 5PM~10PM / Photay | Erik Luebs | など 詳細近日公開


Photay


Erik Luebs別名Magical Mistakes


Free bonus


https://www.youtube.com/watch?v=t5apAhYYjEA

Julien Mier
Changing Currents

PT008 Available 16 September 2015

PT008-500-Small

CD¥1500/$15 Digital¥/$
Order&Download Digital

1. It’s Slightly Open
2. Yesterday’s Downpour
3. I Refuse To Remain Silent
4. Caught In The Chest
5. Burnt Up
6. Burnt Up (Yosi Horikawa remix)
7. Caught In The Chest (Magical Mistakes remix)

Living in the Dutch countryside, Julien Mier spent the last several years crafting heavily melodic and carefully textured pieces that engage the listener both cognitively and emotionally. His newest EP, Changing Currents, is a culmination of his exploration of natural sounds, and ultimately serves as a final farewell to the cabin he was living in directly up to the point of this works’ completion.

Each piece on the release serves the whole, with opening track “It’s Slightly Open” providing the introductory sounds and pacing before moving to the melodic second track “Yesterday’s Downpour.” Meditative guitar piece “Caught in the Chest” is the anchor holding everything together thematically. Slow, brooding and beautiful, the piece finds its success in its minimalistic, stripped-down approach.

In the increasingly maximalist world of electronic music, Changing Currents confidently espouses the value of minimalism, reducing each instrument to its most rewarding timbres, and comfortably discarding the expected tropes of the genre. Every melody hints at a range of emotions all the while avoiding the awkwardness of the melodramatic.

It’s a testament to Mier’s refinement and poise as an electronic musician. He is using the medium for something very personal, both in the places he explores and the musical techniques he uses to explore them.

彼はオランダの森の深淵でこの作品を完成させた。そして、恋人に別れを告げた…この作品は制作過程で、彼の心に大きな変化もたらすほどの存在となっていた。”海流の変化”というタイトルからも、深い海のように美しいサウンドが想像できる。この作品は制作過程で、彼の心に大きな変化もたらすほどの存在となっていた。”海流の変化”というタイトルからも、深い海のように美しいサウンドが想像できる。

オランダ出身のエレクトロニック・アーティスト、Julien MierPerfect Touch レーベルより『Changing Currents』をリリース。ドリーミーでセンシティヴなサウンドが特徴。関東で活動するトラックメイカー、Yosi Horikawa と関西を拠点に世界を股にかけ活動しているMagical Mistakes がリミックスを提供。電子音楽好きはもちろん、ロック~クラシックに至るまで、ジャンルを飛び越え、幅広いリスナーに好まれるであろう。
PlaidBoards of CanadaJon HopkinsCornelius 好きは必聴!

Julien Mier art
Julien Mier

Yosi Horikawa art
Yosi Horikawa

Magical Mistakes art
Magical Mistakes

Audio mastered by Shawn Hatfield at Audible Oddities.

Peace of Mind
A compilation of calming

PT007 Digital: 17 July 2015 / Physical: 24 July 2015

PT007-500-Small

Totebag+Digital$20 Digital Only$8.99
Order&Download Digital Only

1. Julien Mier : Gone
2. Kafuka : Room
3. Free Babyronia : Translation of Starlight
4. Ramza : In to the Paradise Park
5. Ryuei Kotoge : Atm12
6. DJAO : At Home
7. Jemapur : WSIF
8. Lee : 25
9. Ryuho Kotoge : Evacuation of π

Osaka’s Perfect Touch label welcomes the lengthening summer with a moment of transcendental calm, working with artists from Japan and beyond to coordinate a 9 track compilation of ambient and beautiful electronic music.

Dutchman Julien Mier starts us off with some pitched down chords and vocal arrangements, followed by Kyoto newcomer (and Max/MSP genius) Kafuka who goes deep with a delicately arranged assembly of organic jitters and crafted melodies. Not to be missed are appearances by the likes of Seattle’s DJAO, Tokyo’s Jemapur, and Japan-via-Thailand traveling beat guru Lee.

Let this compilation be a companion to your early morning weekend wake-up rituals, or your 4AM post party bike ride home — just a little extra peace of mind for your long and unpredictable days.

Artist Links

UMA
Roam

PT006 Available 4 November 2014

PT006-500-Small

Bandcamp iTunes

1. UMA: Roam
2. UMA: Roam (Magical Mistakes remix)
3. UMA: Roam (Madegg remix)

UMA is a producer-couple from Berlin that cuts crystal clear post-trip-hop tracks from a wide array of avant-garde influences. With one hand on the midi-controller and the other one on the forehead, they combine post-internet romanticism with fractal beat cascades – but they never lose touch with all the fragile borders that define the perfect pop song.

Perfect Touch is proud to release UMA‘s single ROAM accompanied by remixes from Japan-based producers Magical Mistakes and Madegg.Magical Mistakesadds analog synth lines alongside orchestral swells and shuffled drums, while Madegg takes the track for an experimental ambient psych-trip.

UMA will also be playing in Osaka on November 9th. More info here.

緩やかなエレクトロニックポップデュオ、UMAがPerfect Touchよりデジタルリリースが決定した事を記念し、来阪!

2011年にRed Bull Music Academy Madridの音楽会に参加した事をきっかけにUMAが結成。

この2年間で、Silver Applesとのコラボレーション、Bibioによるリミックス提供、ベルリンの代表的なクラブ、Berghainでの出演、Bad Pandaレコードよりシングルもリリースした。

UMAのシングル、ROAMは11月4日に発売され、リミックスは関西のアーティスト、MadeggMagical Mistakesも含まれている。


Artwork by Patanica in Sapporo.


Special thanks to the Goethe Institut and the Federal Foreign Office of Germany for their generous support.goethelogo

Free the Robots
Two Snakes

PT005 Available 20 May 2014

PT005-500-Small

T-shirt+Digital¥2500/$25 Digital Only¥/$
Order&Download Digital Only

1. Free the Robots: The Truth
2. Free the Robots: Zenith
3. Free the Robots: Take Flight
4. FTR : The Truth (starRO remix)
5. FTR : Take Flight (Ramza remix)
6. FTR : Take Flight (Ryuei Kotoge remix)

Perfect Touch is proud to team up with Free the Robots‘ for his newest EP, Two Snakes.
Accompanying his original three songs are remixes by Japanese producers starRo, Ramza and Ryuei Kotoge.

With this newest batch of tunes, the Los Angeles based producer explores the aural spaces between psychedelic, soul and hip hop. Opening track, The Truth, perhaps the most emotive of the three, riffs on a lo-fi vocoder melody, set against melancholic chords and a subtle shuffling beat. The remaining two tracks cater to fans of hip hop and funk respectively.

The EP is packaged as a special limited T-shirt with digital download, and is also distributed digitally through all good digital music retailers.

Free the Robots will also be touring Japan and Asia with Belgian DJ Lefto from May 22 into June.

Audio mastered at Violet Lantern Mastering in California. Shirts manufactured at Sweatshop Union in Osaka. Designed in Tel Aviv by Nabibes.

Free the Robotsの新しいEPTwo Snakes」が、彼とLeftoの5月の来日ツアーを記念して大阪のレーベルPerfect Touchよりリリースすることが決定した。

ビートミュージックの枠を超えて、サイケデリックとソウルの間に新しいサウンドを発見したFree the Robots、彼の新曲を三曲収録。またロス在住東京出身のstaRro、名古屋のビートメーカーRamza、大阪のDay Tripper RecordsからはRyuei Kotogeのリミックスも含まれている。フォーマットはデジタル配信と、TシャツにDLコードがセットになった2種類で5月20日から発売される。

5月22日から25日までFree the RobotsはベルギーのDJ、Leftoと来日。東京、名古屋(Leftoのみ)、大阪、鹿児島が決定している。

Seiho and Obey City
Shochu Sounds

PT003 Available 11 February 2014 & On Tour

PT003-500-Small
T-shirt+Digital¥2500/$25 Digital Only¥/$
Order&Download Digital Only

1. Obey City: Wait
2. Seiho: Double Bed
3. Obey City: Proceed
4. Seiho: KOI

大阪在住のビートメーカー、SeihoLucky MeからリリースしたEPで注目を集めているブルックリン在住のビートメーカー、Obey CityによるスプリットEP、「Shochu Sounds」が大阪のレーベル、「Perfect Touch」より02/11(水)に発売が決定した。フォーマットは、デジタル配信とTシャツとのセットの2種類で、公式サイトで購入可能となっている。

河童をモチーフとしたジャケット、Tシャツのデザインは、札幌のアートチーム、「Patanica」によるもので、マスタリングにはDaddy Kevが運営するスタジオ、「Cosmic Zoo」でマスタリングされている。尚、発売に先駆けて02/07-02/10に行われる大阪、名古屋、福岡、東京の4都市で開催する2人のジャパンツアーでは、各会場限定で先着で手に入れることが出来る。

With the Seiho + Obey City Way Cool Winter Tour on the imminent horizon, our favorite funky producers give us their latest musical offerings. Obey City’sWait‘ opens the release with a soulful laid-back groove, and Seiho Seiho rounds out the release with perhaps his best offering to date, the dramatic and beautiful ‘KOI.’ This digital release is accompanied with a T-shirt designed by Sapporo design group Patanica, and ships worldwide February 11th.

Audio mastered at Cosmic Zoo in LA. Shirts manufactured at Sweatshop Union in Osaka. Designed in Sapporo.

Sweatson Klank
Heading East

PT002 Available 6 August 2013 & On Tour

PT002-500-Small
T-shirt+Digital¥2500/$25 Digital Only¥500/$5
Order&Download Digital Only

1. Sweatson Klank: I’m Sayin’, Wake Up
2. Sweatson Klank: Take my Time
3. I’m Sayin’, Wake Up (Fujimoto Tetsuro Remix)
4. I’m Sayin’, Wake Up (Kawakami Kohei Remix)
5. Take My Time (RLP Remix)
6. I’m Sayin’, Wake Up (Notuv Remix)
7. I’m Sayin’, Wake Up (sauce81 Remix)
8. Take My Time (Ryuei Kotoge Remix)

今年の夏の来日ツアーの頭に、Sweatson Klankこと、Takeより新曲とリミックスがリリース決定。リリースはTシャツとディジタルダウンロード。Tシャツはダウンロードコードが付いており、8月6日に世界発売。札幌の中心で活躍しているHamaguchi Tsubasaがシャツのデザインを、東京と大阪の新時代プロデューサー、RLP, Sauce 81, Fujimoto TetsuroRyuei Kotogeがリミックスを手掛けた。

Marking the kickoff of his Summer Japan tour, Sweatson Klank brings the heat with two fresh new tracks reinterpreted by a handful of Japan’s brightest producers. The digital release comes out as a T-shirt designed by Sapporo artist Tsubasa Hamaguchi, and ships worldwide August 6th.

Tokyo-based RLP adds a touch of swing and swagger to “Take my Time,” while Osaka’s Ryuei Kotoge realizes the tracks full emotional potential, augmenting the original’s heavy subs with noise and breaks. Meanwhile, sauce81 and Fujimoto Tetsuro’s signature cool and loose grooves compliment Klank’s “I’m Saying, Wake Up.”

The artists involved in the project give a glimpse into Japan’s thriving and increasingly internationally-minded art community. Sapporo artists met with Tokyo and Osaka musicians tethered to Los Angeles. Special thanks go to Sapporo design shop Patanica, the Cosmopolyphonic crew in Tokyo, and Day Tripper Records/INNIT collective in Osaka.